アザラシ油の特性と利点

子供用:アザラシ油は、青年における急速な発達とホルモンの再構築時期に特に重要です。子供の免疫力を高め、インフルエンザやその他のウイルス性疾患の流行時に、アレルギー反応やウイルス、細菌に対する抵抗力も高め明日。成長期の骨量の強化を促し、子供の視力と目の運動能力の発達にも貢献します。子供の注意欠陥障害や多動性障害の療法としても使用されます。


選手用:科学者によると、アザラシ油を使用することで、タンパク質の同化反応が改善され、筋肉が強くなり、またスポーツにおいて非常に重要なホルモン腺やテストステロンの分泌バランスも整います。しかし、体内ではオメガ3、6、9脂肪酸は合成されません。同脂肪酸は体外から摂取する必要があり、以下の項目を達成するために選手のダイエットの必須項目でもあります。
• 神経筋接合部の維持
• 活力向上
• 優れた反応時間と心筋機能の維持
• 筋力向上と軟骨・関節強化
• 腱・血管壁の弾力性の向上
• 骨の強化(オメガ3はカルシウム吸収向上につながります)
• スポーツによる怪我回復の加速化


成人の1日当たりオメガ3使用量


成人が1日に摂取する脂肪酸量は、700mg以上にしなければなりませんが、5000mgを超えてはなりません。成人は1日1500~3000mgのオメガ3を必要とします。700mgを下回ると欠乏状態になり、健康上の問題が生じます。
オメガ3は、炎症性疾患や激しい運動の際に身体を回復・強化するために、3000~5000mgの使用量が推奨されています。また、糖尿病、うつ病、神経・精神障害、心臓・循環器系疾患の傾向、血中コレステロール濃度上昇、関節疾患の場合、脂肪酸の1日当たり使用量を増やすが必要あります。
平均使用期間は1~2ヵ月で、その後15日 – 1ヵは休薬してください。
使用量については専門医との相談を推奨いたします。


6~12歳の子供の1日当たりオメガ3使用量


多価不飽和脂肪酸は子供の身体にとって重要ですが、子宮内で発育中の胚にとってはさらに重要です。脂肪酸がなければ、子供の適切な子宮内発育は困難です。


6~12歳の子供の1日当たり推奨使用量:1000mg


使用と使用期間については、専門医との相談を推奨いたします。過剰使用は、体の個々の特性により、軽い吐き気、便の障害、めまいを伴うことがあります。

製品の利点